characters 方丈記 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) ê PDF eBook or Kindle ePUB free

Summary 方丈記 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition)

characters 方丈記 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) ê PDF, eBook or Kindle ePUB free ✓ ❰PDF / Epub❯ ☉ 方丈記 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) Author 鴨 長明 – Danpashley.co.uk Popular PDF Epub, 方丈記 (光文?? 光文社古典新訳文庫 Japanese Edition By 鴨 長明 please download or read online her. 冒頭の文章は授業で習って知っているが、実は内容を知らない作品でした。これは、推理小説で冒頭事件が起こった部分は知っているが、犯人とそのトリックを知らないように居心地の悪さをずっと感じていました。そらで暗記している最初の文章をこの本で読んだ時にそのわかりやすさと翻訳のセンスに恐れ入り、心臓がバクバクと音を立てました。素晴らしい訳文。この訳文こそ、古典新訳文庫が創出された目的の意味を形にしたものでしょう。さらに、本書では、作品に出てくる地名がどこなのか詳細な地図を添付して示してくれており、鴨長明がどこのどんな家に住み、どの辺りを散策したかということが手に取るようにわかり、まるで、口元に食事を運び込んでくれるような丁寧さを感じ、至れりつくせりの出版ですね。こんなに本文のリズムを汲み取ったわかりやすい文章と丁寧な編集で方丈記を読めるなんて幸せです。

鴨 長明 Õ 5 characters

Popular PDF Epub 方丈記 光文社古典新訳文庫 Japanese Edition By 鴨 長明 There are.  光文社の古典新訳文庫が評判で、特に最近出版された『方丈記』が話題だというので早速手に入れてみました。なるほどねェという感じです。 本書は、蜂飼耳氏による前書き、現代語訳、エッセイ、原典、『新古今和歌集』所収の長明の和歌、「発心集」の一部、当時の京の地図や内裏の略図、「方丈の庵」の想像図、藤原氏の略系図、解説という構成になっており、これを一冊読めば『方丈記』を取り巻く大抵が分かるという内容になっています。現代語訳の部分では大変に丁寧な注釈がなされています。それも本文を読むのに邪魔にならないように気を配ってあるのと同時に、脚注にしていちいち本をめくらなければならない煩雑さを避けるためにその見開き内に収めるといった大変親切な配慮がなされています。エッセイは訳者の蜂飼耳氏による感想を交えた少し違う角度からの解説とでもいえるものですが、あくまで『方丈記』をより深く読むために書かれたもので、よくある自分勝手な解釈の押しつけとは全く性格のことなるものです。もっとも「エッセイ」部分と「解説」部分はひとつにまとめてもよかったとも思われますが、蜂飼氏は内容に関する説明と解題は分けるべきだとお考えだったのでしょう。 これだけの内容を詰め込んで「あとがき」まで含めて152ページ。内容の詰まった秀逸な本です。こういった書評に目を通される方で『方丈記』の原文を読んだことがないというひとは少ないと思うのですが、よく知っていると思っているかたでも「なるほど、どうして今までこうした本がなかったのだろう!」と膝を打つこと必至です。お勧めです。(附)普通に注文したのですが、いつもと違いアマゾンからの直接送付ではなく、本屋さんか個人かからの送付でした。もちろん全くの新品でしたから問題はないのですが、この本に限ってなにか頒布の仕方がちがうのでしょうか?

review ↠ PDF, eBook or Kindle ePUB free Õ 鴨 長明

方丈記 光文社古典新訳文庫 Japanese EditionMany interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 方丈?. 「方丈記」を現代語訳した作品。有名な冒頭の文章から無常という事・この世の儚さを主張している様に見えて、実際、火災、竜巻、飢饉、地震などで歴代の天皇が治めた京の都に死者が溢れた事が縷々と綴られている。しかし、実は鴨長明自身が俗世と離れられない懊悩を吐露した随筆で、訳者の説明とは異なり、長明は晩年、方丈の庵を去って邸宅で暮らしたと伝えられている。また、「方丈記」は後鳥羽上皇に宛てたもので、「承久の乱」を思い留まらせるための献上品都をこれ以上荒らして良いのかという警告という説がもっぱらである。花鳥風月に囲まれた草庵の暮らしの礼賛は清貧に見えてこれが人々の共感を呼んでいる、実は長明の強がりとも取れる。懊悩に戻ると、長明はこんな事を書いている。「姿格好だけは聖人だが、心は濁りに染まっている」、「草庵は浄名居士の方丈の庵を真似た積りだが、精神的段階としては、周梨般特の修行にさえ呼ばない」、「貧しい暮らしをして来たせいで、心が迷っているのか」。とても悟った人間には見えず、むしろ、泥臭い。現代語訳読点が多い気がするの他に、蜂飼耳氏の解説エッセイも載っているし、原文味わい深いも載っている。私が「アレッ」と思ったのは、猿丸太夫六歌仙の1人だが詳細不明の墓に参ったという記述がある事で、そうすると、猿丸太夫は実在の人だったのかと妙な感心をした。私も原文の冒頭しか読んだ事がなかったので、人間臭い長明の姿を知る事が出来て参考になった。