characters 盤上の向日葵(下) (中公文庫 ゆ 6-2) ä PDF eBook or Kindle ePUB free

Free download â PDF, eBook or Kindle ePUB free å 柚月 裕子

?捜査線上に浮かび上がる、桂介と東明の壮絶すぎる歩み。誰が、誰を、なぜ殺したのか。物語は衝撃の結末を迎える 〈解説・羽生善治?. 東明の潔い生き方と比べると主人公の生き様があまりにも中途半端。東明を主人公にした方が面白いかもって感じでした。東明はちょっと主人公には不向きでしょうが。面白いのは面白いが特筆するところがなく、なんでこれが本屋大賞2位?あと、訳のわからないラスト。なんで?って感じです。必然性もなく、意味がわからなかった。

Read & Download 盤上の向日葵(下) (中公文庫 ゆ 6-2)

盤上の向日葵(下) 中公文庫 ゆ 6 2年本屋大賞位 著者渾身の慟哭のミステリー、ついに文庫化 昭和五十五年、春。棋士への夢を断った上条桂介だったが、駒打つ音に誘わ?. 上巻はよかった。★★★★☆下巻に期待していたが、盛り上がることなくそのまま終わってしまった感がある。癖があるベテラン刑事と元奨励会の若手警察官のペアも、この二人である必要があったのか。名駒の行方もここまで執拗に書く必要があったのか。7組の駒のうち他6組については軽く流すだけでよかった気がする。上巻を読んでいた段階では、この駒の行方がわかったのちもう一つ盛り上がる展開を期待していたのだが、結局は盛り上がることなくそのまま容疑者に辿り着いてしまった。東名についてはもう少し書き込みが必要だったと思う。上条にとって人生に影響を与えた重要人物であるのに、上条の気持ちの変化があっさりしすぎていたのではないだろうか。唐沢とその妻に対しても東大卒業後のエピソードが欲しかった。またラストについても納得が行かなかった。上条の気持ちに対してうまく納めることができないし、曖昧な形での決着も不満だった。前半期待しただけに、後半の失速感を感じてしまい、残念な読後感となった。余談だが、本屋大賞の入賞作品では外すことばかり。もう本屋大賞入賞作品は買わないでおこうと思う。

柚月 裕子 å 5 characters

characters 盤上の向日葵(下) (中公文庫 ゆ 6-2) ä PDF, eBook or Kindle ePUB free è [Ebook] ➮ 盤上の向日葵(下) (中公文庫 ゆ 6-2) ➭ 柚月 裕子 – Danpashley.co.uk 2018年本屋大賞2位 著者渾身の慟哭のミステリー、ついに??て将棋道場に足を踏み入れる。そこで出会ったのは、自身の運命を大きく狂わせる伝説の真剣師・東明重慶だった――。死体遺棄事件?. 最近の小説は殆ど読まないので、評判に期待を込めて読んで見ました。なぜこの人が小説を書くのかと云うことは言うまい。最初から文学を目指してもいないし、そもそも文学とは無縁だろうから。でも、勿体ぶった人物や事件、上巻はまだしも、下巻は向日葵幻想まで出て来てウンザリ。ここら辺はAIに書かせたら、上手に書くような気がする。羽生九段の解説も、小説自体は褒めるのが難しくって、過去の思い出風になったのかも。本屋大賞二位がこれでは、僕は暫く現代小説は読みません。