ブループリント:「よい未来」を築くための進化論と人類史(上) characters ☆ eBook PDF or Kindle ePUB

Summary ブループリント:「よい未来」を築くための進化論と人類史(上)

ブループリント:「よい未来」を築くための進化論と人類史(上) characters ☆ eBook, PDF or Kindle ePUB ☆ ❰Ebook❯ ➠ ブループリント:「よい未来」を築くための進化論と人類史(上) Author ニコ?化の設計図ブループリント」を知れば、「分断」を乗り越えられる。 経済格差、人種、国家間対立。今ほど「分断」が強調される時代はない。だがちょっと待ってほしい。こうした分断はなぜ起こるのだろう それは進化の過程で、私たちが「仲間」を愛し、尊重する能力を身につけたからだ。この能力こそが、世界の命運を握る最大のカギである。 そこで本書は、南極探検隊の遭難者コミュニティからアメリカのユートピア運動、果てはcomのスタッフコミュニティまで、古今東西のあらゆる「人間社会」を徹底検証する。さらにはサルやクジラなどの「動物社会」をも。 繁栄するのはいかなる社会か そこには驚くべき共通点があった――。科学界からビジネス界まで、全方面から絶賛されたニューヨークタイムズ・ベストセラー、待望の日本語版?. 米中の対立やアメリカ国内での人種問題に代表されるように人びとの間で分断が進む昨今、そうしたお互いの差異ではなく共通項に目を向けるというのが主題である。不特定多数の他者とかかわるうえで必須な要素として社会的一式ソーシャルスイートを挙げ、それは様々な形式での他者とのかかわりのパターンにおいていかにして作用するか、過去の事例や物理的アプローチから解説されている。上巻の終盤には、いくつかの結婚の形態からパートナー間の愛情に焦点を当て、それがパートナー以外の近しい人びとへどのようにして拡張していったかを検証する足がかりとなっている。

ニコラス・クリスタキス ï 7 Summary

◎日経新聞、週刊文春、文藝春秋、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、プレジデント、Forbes日本版、Honz、NewsPicks他、各メディアで絶賛書評・紹介 ◎続々重版 「つながり」と「利他」こそが人間の本質だ。分断と格差は乗り越えられる。 経営者から科学者まで各界トップ絶賛 コロナ対策で注目をあつめるイエール大学の世界的ネットワーク科学者が贈る、全米ベストセラー人類史。 「『科学的現実をしっかり認めることこそが、道徳的に好ましくない結果を避ける最善の道だ』という言葉は、右からも左からも『フェイクニュース』が飛び交う時代だからこそきわめて重い。ひととひととがつながることの意味を探る本書のスリリングな試みは、最先端の科学に支えられた第一級の知的エンタテインメントに結実している」 橘玲氏作家 「人間の?. 博覧強記な事例をトリビアとして楽しめる人には最高の本です。ゼロベースから形成される人間社会を、BBCのリアリティ番組に始まり、ピトケアン島、シェイカー教団、イスラエルのキブツ、ヒッピーのコミューン、南極基地、などの意図せざる社会実験を次々と振り返り検証してくれます。次の結婚の考察も分かりやすい。一夫一妻制と一夫多妻制の歴史が、集団の生産手段、規模、平等性などで定義されるとの考察は私には新鮮でした。また多夫一妻制やチベットのナ族どれにも属さない!など興味津々。はたまた動物社会でのペアリングでは、鳥類の90%が一夫一妻制を取るのに対し、哺乳類は単身生活システム68%、集団生活システム23%で一夫一妻制は少数派とのこと。はたまた夫婦の絆を深める遺伝子の発見とか。。。下巻も楽しみです。

Free read ✓ eBook, PDF or Kindle ePUB ï ニコラス・クリスタキス

ブループリント 「よい未来」を築くための進化論と人類史 上?質は『性善』か『性悪』か。科学が出した結論は『性善』。本書で『進化論的に考えるセンス』を身につけたい」 ―山口周氏独立研究者 「生物学と認知諸科学におけるブレイクスルーが、いよいよ人間観や社会観の根本的な刷新へと波及しつつある。本書はその真打ちだ」 吉川浩満氏文筆家、『理不尽な進化』 「これほどの『希望』を感じて本書を読み終えるとは、予想もしなかった」 ビル・ゲイツ氏マイクロソフト創業者 「世界に蔓延している排外主義は、克服できる。本書はわれわれに何ができるかを教えてくれた」 エリック・シュミット氏Google元CEO 「人類の進化論的な本質は『善』であり、共感的な文明を生み出せる。これほどタイムリーかつ見事な本はない」 スティーブン・ピンカー氏ハーバード大学教授、『世紀の啓蒙』 「?. コロナに遭遇した今、仲間、コムにティーの在り方を考えさせられる。1冊です。