Summary ☆ 半沢直樹 アルルカンと道化師 (Japanese Edition) 107

池井戸潤 ✓ 7 Read & download

Summary ☆ 半沢直樹 アルルカンと道化師 (Japanese Edition) 107 á [Download] ➻ 半沢直樹 アルルカンと道化師 (Japanese Edition) ✤ 池井戸潤 – Danpashley.co.uk 1 7191 7191 719 .. 今回も一気読みでした。中盤あたりで自分が予想していた方向と違う結末で、池井戸さんの相変わらずの巧みなストーリーに満足感がありました。私も銀行員ですから、銀行独特の雰囲気が読んでいても良くわかります。そうだよね〜って感じで。さすがに半沢ほどの奴はいませんし、中野渡さんや人事の杉田さんのような芯の通った役員や本部部長連中も悲しいかなうちの銀行にはいないかな(笑)池井戸さんの作品は私と同世代ということもあり、デビュー作から完読しています。TVドラマでも大変な人気のようですが、個人的には文章を読みながら自分が思い浮かべる人物像とドラマの俳優たちとのギャップが激しくて私は一度も見たことがありませんね😁

Summary ☆ eBook, PDF or Kindle ePUB ✓ 池井戸潤

. 前作『銀翼のイカロス』が出てからはや7年ですか、ずいぶん長いこと待った気がします。もはや過去の実績から、行内では押しも押されぬポジションになったであろう半沢を、どのように作中では扱うのか、心配半分楽しみ半分でしたが、どうやら時系列的には『俺たちバブル入行組』で入行後から本編開始の間に起った出来事のようです。そのため、なつかしの浅野支店長や小木曽が出てきますし、中野渡頭取もまだ頭取になる前です。肝心の本編といいますと、過去作よりさらに人情に寄った話が展開されていきます。ミステリ要素もあって、ちょっと新鮮でした。今までと違う点は、あとがきから推測するに、おそらくモデルになった具体的な企業や事件が無いことでしょうか。そのためフィクション色が強い感がしますが、十分に面白いです。しかしこれを映像化するなら、キャストがこれ以上老ける前にしないといけませんね。そこは少し心配です。

Characters 半沢直樹 アルルカンと道化師 (Japanese Edition)

半沢直樹 アルルカンと道化師 Japanese Edition. 作品のすばらしさは言うまでもなく、一日で読破していまう内容です。ただ、映像化は私なりに以下の3点の理由から難しいのでは?と思います。①2013年当時よりキャストも老けていきます。大阪西支店に赴任した直後の事件ですから、映像化すると2013年版よりスタッフの大半が老けてて整合性はまるでとれない。②この本の時代設定は2000年から2002年ごろで、1980年頃の内容も多分に組み込んでいる。原作の時系列に忠実に映像化するのは困難だろうし、時系列を現代に設定したりすると、原作の良さが失われそう。③何より絵画。これこそ映像制作するなら、製作費が膨大になりそう。