DOWNLOAD シン・ニホン (NewsPicksパブリッシング) î PDF eBook or Kindle ePUB

READ Ô PDF, eBook or Kindle ePUB Ê 安宅和人

◎ビジネス書大賞 特別賞ソーシャルデザイン部門受賞 ◎ITエンジニア本大賞 ビジネス書部門 ベスト ◎累計万部突破 万部超の名著『イシューからはじめよ』から年――。渾身の力で投げ込む、ファクトベースの現状分析と新たなる時代の展望 AI×データの発展により、時代は多面的に「確変モード」に突入した。目まぐるしく動く社会の中、本書は以下の問いをひとつなぎにして答える。 ・現在の世の中の変化をどう見たらいいのか ・日本の現状をどう考えるべきか ・企業はどうしたらいいのか・すでに大人の人はこれからどうサバイバルしていけばいいのか ・この変化の時代、子どもにはどんな経験を与え、育てればいいのか ・若者は、このAIネ?. 読み終わって、自分の中で著者の祈りが重なって響いている。ひとつは「平成という失敗したプロジェクト」(宇野常寛)の供養だ。30年の間に、国のリソース配分に失敗し、未来への投資を極限まで削り、また、あらゆる産業で価値創造の機会を逸したことを、鋭い分析をこれでもかというくらいに畳み掛けて、明らかにしている。この供養は、失敗した当事者たち、政治家、官僚、経営者に著者が直接、しかも何度もぶつけて、詠んだものだから迫力が違う。失敗には「成仏」してもらって、今後、大胆にリソース配分を変える仕事は刺激的だと思う。ふたつめは「未来の祝福」だ。この国には「未来が見えない」という呪いがかかっている。大袈裟に聞こえるかもしれないが、何しろ、未来に希望を持っている18歳が1割以下しかいないのだ。変化の波が、それも特大のものがくるのが確実ということが、テクノロジーについての深い理解と実践に基づいて、多面的に語られる。日本は、世界で戦う土俵に立てていない「黒船来航時と同じ状況」なのだけれど、なぜかワクワクした気持ちになるのは、祝福されているからだとしか言いようがない。最後に「明日への誓い」だ。最終章では、一転して、日本から地球レベルの課題に跳躍する。分析から明らかになる課題は重く、複雑に絡まっている。その上で、「風の谷を創る」という、都市集中型の未来に対するオルタナティブをつくる、というビジョンから、未来を創る運動論が展開される。そう、これは運動であって、ソリューションではない。分析から、例えば、なぜ道は全国一律の「硬い道」なのか、というような「ゼロベースの問い」を生み出し、それがまた新たな問いを生む。運動は続いていく。本書の最後を締め括る、筆者が10代から心にもっていた一つの言葉は、まさに祈りの始まりだと思う。その祈りは、小さなものから、少しずつ強く、大きくなって、「風の谷」などの筆者が仕掛けるイニシアティブを通じて、いろんな人を照らしている。そして、この本(祈り)を通じて、さらに多くの、ヤバイ人たちを照らすだろう。

REVIEW シン・ニホン (NewsPicksパブリッシング)

シン・ニホン NewsPicksパブリッシング??ティブ時代をどう捉え、生きのびていけばいいのか ・国としてのAI戦略、知財戦略はどうあるべきか ・AI時代の人材育成は何が課題で、どう考えたらいいのか ・日本の大学など高等教育機関、研究機関の現状をどう考えたらいいのかビジネス・教育・政策全領域にファクトベースで斬り込む、著者渾身の書き下ろし 意志なき悲観論でも、現実を直視しない楽観論でもない、建設的Constructiveな、「残すに値する未来のつくり方」。 目次章 データ×AIが人類を再び解き放つ――時代の全体観と変化の本質章 「第二の黒船」にどう挑むか――日本の現状と勝ち筋章 求められる人材とスキル章 「未来を創る人」をどう育てるか章 未来に賭けられる国に――?. 多分この人は強化学習やGAN、ゼロショットラーニングなど大量のデータを必要としない深層学習をしらないんだろう。古い知識で素人相手にホラを吹いてきたことがよくわかる。時節出てくる図表も稚拙。調べたがこの分野での論文は一本も書いていないようだ。大丈夫か?ヤフーと慶應

安宅和人 Ê 6 DOWNLOAD

DOWNLOAD シン・ニホン (NewsPicksパブリッシング) î PDF, eBook or Kindle ePUB ↠ [PDF / Epub] ☉ シン・ニホン (NewsPicksパブリッシング) ❤ 安宅和人 – Danpashley.co.uk ◎ビジネス書大賞2020 特別賞ソーシャルデザイン部門受賞 ◎I??ソース配分を変える章 残すに値する未来読者コメント「久々にすっごい面白い本に出会った。これからの時代の生き方の教養書として面白い」「これからの日本が進むべき道を豊富なデータと精緻なロジックで導き出している」「新人教育やマネジメント教育に必須の本だと思う。これから日本で生きる全てのビジネスパーソンが何を目指し、何をすべきかが詳細に書かれている」「安宅さんの『日本を何とかしたい』という熱い思いが伝わってきて、ビジネス書なのに感動しました。個人的に今年のベスト本になる予感」「一気に読んだ。『未来をつくる人』をどう育てるか、についても多くのページが割かれている。子育て中の方にもおすすめ」. 40代以上の管理職の皆様、野心のある若者の皆様、小さなお子様をお持ちで今後の教育方針に悩んでいる方には必読かと思います。(特に1章から3章まで)AI時代の今、今までの常識だけでは通じず、なんとなく思っている疑問や将来への不安もあるかと思います。その中で、『イシューからはじめよ』の著者でもある安宅さんが、世界における日本の現状についてのファクトフルネスをベースに現状のイシューの整理、今後世の中はどう動いていくかの予測をしつつ、今後必須とされるスキルの定義や教育についての整理、その中で各世代の人たちが今できることは何かについて、それぞれ鋭い洞察を書かれていて非常に勉強になります。個人的にかなり視座が上がりましたし、娘の教育という意味でもだいぶ整理されました。何より今の自分にもいろいろできることがあると気づけたのは非常に大きかったです。オススメの1冊です。