新・日本列島から日本人が消える日(下巻) review ´ 109

review 新・日本列島から日本人が消える日(下巻)

新・日本列島から日本人が消える日(下巻) review ´ 109 æ [PDF / Epub] ✅ 新・日本列島から日本人が消える日(下巻) By ミナミAアシュタール – Danpashley.co.uk 内容紹介 あなたが幸せを手に入れるための 破・常識な歴史が、今解き明かさ?史 ★「ここからが本題」を読めば 幸せを手に入れるヒントが書かれています。 あなたのこれから先のタイムラインをどう変えるか 宇宙には時間も空間も無い 次元は場所じゃない 波動領域を簡単に変えることがてきる 自由で楽しい社会に移行する ・・・腐りきった現代社会に生きることに 不平不満を持ちながらも密かに幸せに生きたいと 心から望むあなたにこの本をお届けします。 歴史認識が変われば、 あなたもこの腐った社会からそっと離れることが出来ます。 目次 下巻 第章 間違いだらけの 江戸時代の認識 第章 明治維新はクーデター、 黒幕は、岩倉具視 第章 明治時代になぜ戦争?. 読み進めていく内に、「え?これって本当?」「こんな内容公開していいの?」と今まで聞いたこともない歴史の真実(現在にも続く)が明かされています。いろんな感情の葛藤も出てきます。仮にこの本を日本の30%の方が読んだら日本の政治が根本から変わるでしょう。紛れもなく私が今まで読んだ本の№1です。

Summary Ð E-book, or Kindle E-pub ✓ ミナミAアシュタール

内容紹介 あなたが幸せを手に入れるための 破・常識な歴史が、今解き明かされる 真実なの SFなの 決めるのは、あなたです。 消えるとは 身体を持って次の次元へ行くこと。 本文と、エピローグ「ここからが本題」を読んで頂ければ、 消えるという意味が理解できます。 宇宙のはじまりや地球の誕生から現代に至るまでの驚きのストーリー 縄文時代は驚きのハイテク文明 ムーとアトランティスは存在していた 卑弥呼が人 織田信長は本能寺で生きていた・・長野県 秀吉が信長の約束を破ったとは 徳川家康が天下を取ったのは想定外だった 間違いだらけの江戸時代認識 大正から昭和までの裏?. 前作も読みましたが、今回の加筆版はさらに地球の歴史が理解しやすくなって、59年の私の人生でも一番読んで面白く、ためになった本です。臨死体験者で宇宙図書館にアクセスできた「22を超えてゆけ」の著者、辻麻里子さんが2006年に講演会で語っていた「日本はムーに近いエネルギー」「ムーは縄文をたどっていくと分布がわかる」「縄文人の“矢じり”は武器ではなく通信装置」「アトランティスは地球的ではない」「歴史は勝者の都合で書いたもの。ほとんど真実ではない」「戦争のきかっけや革命の原因は曲げられている。日本の天皇の話も」を思い出しました。あと、もうひとり思い出したすごい日本人女性がいました。思想や宗教的な統制が厳しかった大東亜戦争時代に、当時警察が手がけていた重要殺人難事件5件を霊能で透視するテストに合格し、「今後の鑑定基準としたいので、受理して欲しい」と警視庁側から頼まれて、日本でただひとり霊感業鑑札(碑文谷警察印)が与えられていたという、元外交官夫人で、稀代の霊視聴者、長谷川わかさん。33年後に神戸で地震が起きることもズバリ的中させていた長谷川わかさんが語る「忠臣蔵」の真相も驚くべき内容でしたし、わかさんは大石内蔵助や浅野内匠頭ともリアルタイムで会話していたので、この本で明かされている「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康」の断固日本を守り抜く「断固三巨大」の話もすんなりと受け入れることができました(笑)私はこの本の内容のほとんどは「事実」だと思っていますが、それでもやはり「信じるな、疑うな、確かめよ」のスタンスが大事ですね。特にチャネリング情報は受け手の主観も微妙なニュアンスに少なからず影響するようなので。でも、「事実」かどうかのみを問題視することもあまり意味がないと思います。というのも、世の中にはたとえ「事実」であっても価値のないものと、「事実」ではなくてもとても価値のあるものがあるからです。なのでこの本は、どちらであってもただただ読みさえすれば読んだ人をその人なりにそれなりに目覚めさせることは間違いありません。それくらいこの本には、3次元地球を旅立つ前に知っておきたい、3次元地球で繰り返される混乱の理由が明確に綴られています。縄文人も弥生人もムー民もアトランティス民もどちらが良くてどちらが悪いというのではなく、それは個性でみんな違ってみんないい的な発想にも共感がもてましたし、でも、これからは次元間の住み分けでお互いハッピーという未来に向けての驚きの解決策があることにもとても希望

ミナミAアシュタール ✓ 9 review

新・日本列島から日本人が消える日 下巻?多いのか 第章 大正から昭和戦前までの裏歴史 第章 現代社会が腐っている理由 エピローグここからが本題 最後に 上巻 プロローグ 第章 刷り込まれた勝者の歴史 第章 宇宙のはじまり 第章 テラ地球の誕生 第章 本当に存在したムーとアトランティス文明 第章 恐竜時代の謎を解き明かす 第章 縄文時代は、超ハイテクな文明だった 第章 大陸から支配された弥生時代 第章 卑弥呼が人・・邪馬台国は、和歌山 第章 神社の知られざる真実 第章 飛鳥から戦国時代まで続いた権力争い 第章 織田信長の本当の思い 第章 豊臣秀吉が信長との約束を破った 第章 徳川家康が天下を取ったのは想定外の出来?. 前回の日本列島から日本人が消える日から約1年。多くの加筆がされています。最初は「え~~~」と思うことも、読みながら「なるほど~」となると思います。僕らの教わってきた「常識」とはあきらかに違う「破・常識」メディアとは正反対な内容。巷の噂話とは全く違う内容。これまでになかった考え方。より、破・常識なことを伝えるために、チームミナミaアシュタールは出版社を設立したと思います。出版社や出版社を取り巻く全てのしがらみを振り払うため。全ての制限を取り払い、本当に伝えたいことを伝えるために。そして、「あなたはどうしたいですか?」と問いかけているように感じます。「あなたのことはあなたが決めていいんですよ。」と聞こえて来そうな感覚です。この日本という土地に住む全ての人にこの本情報が届いて欲しいと強く思います。“組織”でも、“みんな”でもなく、「全ての個人」のhappyのために!!