READ & DOWNLOAD ç 10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒント

FREE DOWNLOAD 10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒント

READ & DOWNLOAD ç 10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒント Þ [Epub] ➟ 10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒント By 岩村 太郎 – Danpashley.co.uk 「?うして勉強しなければいけないの苦手なことはあきらめちゃダメ「本をたくさん読みなさい」って言われたけどなぜ自分の夢を反対される生きている意味はあるの幸せって何 ■第章 命について考える心はどこにあるの花や木に命はある死ぬのが怖い人は死んだあとどうなるの人はどうして人を殺すの ■岩村先生の哲学講座 人間の祖先「ホモ・サピエンス」が生き残れたわけ 物事の原因はすべて「目に見えない」 「ふたつの時間」を生きる 愛は「心を受ける」こ?. タイトルのキャッチ「10歳の君に贈る」に惹かれ文字通り10歳になった息子に贈りました。読書の習慣を付けて貰いたいのと生きる事のヒントを何か少しでも学んでくれればと親の期待もありました。息子はしっかり読んでくれてましたし買って2ヶ月たった今でもちょくちょく読んでおりまた何か感じ取る事もあった様なので贈ったかいがありました。息子からは敢えて感想等を聞いたりはしていません。贈った目的、期待に対しては星5ヶです。完全に蛇足ですが私の感想として星 1ヶです。何かメッセージ性が弱いというか、インパクトに欠けるというか・・。まぁ、歳を取りひねくれた親父の感性故私の感想は当てにしなくて良いです。レビュー総評としてはタイトル通りです。

岩村 太郎 ¹ 9 READ & DOWNLOAD

?「自分らしさ」って何 ■第章 友達について考える友達ができない友達が他の子と仲よくしているとムカムカしてしまう友達グループの中で仲間外れにする子がいるケンカをした友達に「ごめんなさい」が言えない人を好きになるってどういうこと ■第章 悪について考えるどうしてルールを守らなくちゃいけないの人にやさしくしなきゃいけないのはなぜどうしていじめはなくならないの悪いことをしている人には注意した方がいい ■第章 生き方について考える?. 1 良い点・内容を巧みに表した絵が素晴らしい。構成・章立てもよく考えられている。子供が抱きそうな疑問から哲学的中身に導いているのがよい。・対象年齢前思春期も適切。 思春期に先立つ前思春期女の子で10歳、男の子で11歳くらいに子供は何かのきっかけで心の奥底無意識に接近することがある。そして自我の確立とmortality自分もいつか死すべき存在だとのの自覚に至る。 前半は山中康弘の『ハリーと千尋世代の子供たち』より・IT時代を生き抜ける、本当の意味でものを考える方向に読者を導ける。これは安易な「正解」を与えていないから。 ITに人間が勝れるとしたら、過去のデータの蓄積・分析からは導き出せない新しいアイデア そしてそれは曖昧さ・混沌の中からこそ生まれる・読者である子供を受け入れ、励ますような語り口も好感が持てる。・大人も楽しめる。2 改良改訂版を出すことがあればの余地があると思われる点・本のサイズ 大人でも持ちづらい 活字を少し小さくして持ちやすくしたらどうか。・保護者や周りの大人向きの解説が一言ほしい。これは帯でも可かも

SUMMARY ê E-book, or Kindle E-pub ¹ 岩村 太郎

10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉 哲学者から学ぶ生きるヒント「どうして勉強しなければいけないの」 「どうしていじめはなくならないの」 「生きている意味はあるの」 学校の先生や親がなかなか答えられない、子どもが抱えるリアルな悩みや疑問を、哲学者の言葉をヒントに解決。 哲学を通して子どもの考える力を育てる、必読の一冊。 古代ギリシャから近代、現代の有名な哲学者の解説も。 ■第章 自分について考える運動が苦手勉強ができない自分の言葉で上手く話せない綺麗になりたい自分のいいところがわからな?. 著者の岩村先生は、我が母校の恩師。あまり勉強するのは好きじゃなかったけど、岩村先生の週に1度の「哲学」の授業だけは楽しかったことを思い出します。「哲学」ってなんなの、つまらなそう・・・と思っていた私。しかし、岩村マジック炸裂!!どれだけの学生が「哲学」を楽しんだか計り知れません。身近にあるネタを哲学的に論じる岩村先生。この著書でもその岩村マジックが炸裂していて、すぐそこに岩村先生のベシャリが聞こえてきそうでした。さて、人によって感じ方は違うと思いますが、学校を卒業して、社会に出て、人間関係で悩んだり、仕事が思うようにいかなかったり、と荒波にもまれていますが、ふと立ち止まってこんな”大人の絵本”を手にしたら、、、、「そうだよね・・・。そう考えればいいよね。」と教えられることばかり。そんな”大人の絵本”だと私は思いました。あのときの岩村先生の著書と出会えたことに感謝します。いつまでもお元気で。老眼・更年期障害に悩む教え子よりw