新型コロナ (WAC BUNKO 327) Review ç 107


Read & download 新型コロナ (WAC BUNKO 327)

新型コロナ (WAC BUNKO 327) Review ç 107 ´ ❰Download❯ ➶ 新型コロナ (WAC BUNKO 327) Author 上久保靖彦・小川榮太郎 – Danpashley.co.uk 内容紹介 「新型コロナウイルスは人類が経験したことのない怖いウイルスだ」「このままでは日本人が40万人以上死ぬ内容紹介 「新型コロナウイルスは人類が経験したことのない怖いウイルスだ」「このままでは日本人が万人以上死ぬ」「希望者全員がPCR検査をできないのは安倍政権の怠慢だ」「スペイン風邪同様に強烈な第波、第波が襲う」 このように日本人は不安を煽られ続けてきた。 しかしここにきて「科学的に見て、日本は集団免疫が成立したのでコロナはもうすぐ収束します。東京五輪も問題なく開催できます」−−こう語る研究者がようやく現れた。京都大学大学院医学研究科. 新型コロナウイルスに対し科学的な「説」ではなく扇情的な「憶測」が飛び交う中、いわゆるファクターXが「集団免疫」であることを説いた京大の上久保教授の説をウイルスの知識がない人でも簡単に理解できる良書である。対談形式で読みやすい構成となっており、上久保教授に順を追って質問していく小川榮太郎氏の仕切り方には過去に出版した「徹底検証シリーズ」(第3弾まである)に見てとれる緻密さが遺憾なく発揮されており非常に分かりやすかった。読了後、本来難しいウイルスや免疫の知識が得られただけでなく、今後のコロナとの付き合い方も自分なりに理解できた。また、第1章「専門家、マスコミの迷妄を正す」にある様に、ウイルスの正体が分かりつつある中で専門家や知事、そして一番の元凶のマスコミが何をしてきたのかも検証されており、この部分だけでも一読の価値があると思う。(読後に怒りが湧くが)改竄したグラフを使用し国民を煽動する医者やワイドショー、占い師の様な口調で恐怖を煽り続ける専門外のオバさん、何が何でもPCR全員検査を主張するテレビ局社員達に「上久保説」を突き付けても逃げるだけだと思うが、マスコミに一方的な情報を刷り込まれた人達には是非この本を手に取って頂き、「憶測」と「説」を比較した上で、アフターコロナへの対応についてご自分の頭で考えてみることをお勧めする。

新型コロナ WAC BUNKO 327内容紹介 「新型コロナウイルスは人類が経験したことのない怖いウイルスだ」「このままでは日本人が万人以上死ぬ」「希望者全員がPCR検査をできないのは安倍政権の怠慢だ」「スペイン風邪同様に強烈な第波、第波が襲う」 このように日本人は不安を煽られ続けてきた。 しかしここにきて「科学的に見て、日本は集団免疫が成立したのでコロナはもうすぐ収束します。東京五輪も問題なく開催できます」−−こう語る研究者がようやく現れた。京都大学大学院医学研究科. 新型コロナウイルスに対し科学的な「説」ではなく扇情的な「憶測」が飛び交う中、いわゆるファクターXが「集団免疫」であることを説いた京大の上久保教授の説をウイルスの知識がない人でも簡単に理解できる良書である。対談形式で読みやすい構成となっており、上久保教授に順を追って質問していく小川榮太郎氏の仕切り方には過去に出版した「徹底検証シリーズ」(第3弾まである)に見てとれる緻密さが遺憾なく発揮されており非常に分かりやすかった。読了後、本来難しいウイルスや免疫の知識が得られただけでなく、今後のコロナとの付き合い方も自分なりに理解できた。また、第1章「専門家、マスコミの迷妄を正す」にある様に、ウイルスの正体が分かりつつある中で専門家や知事、そして一番の元凶のマスコミが何をしてきたのかも検証されており、この部分だけでも一読の価値があると思う。(読後に怒りが湧くが)改竄したグラフを使用し国民を煽動する医者やワイドショー、占い師の様な口調で恐怖を煽り続ける専門外のオバさん、何が何でもPCR全員検査を主張するテレビ局社員達に「上久保説」を突き付けても逃げるだけだと思うが、マスコミに一方的な情報を刷り込まれた人達には是非この本を手に取って頂き、「憶測」と「説」を比較した上で、アフターコロナへの対応についてご自分の頭で考えてみることをお勧めする。

Free read Þ eBook, PDF or Kindle ePUB ´ 上久保靖彦・小川榮太郎

新型コロナ (WAC BUNKO 327) Ù ?久保氏は、これまでの新型コロナの“ウソをことごとく翻す ・新型も何も「全てのコロナは無症候の風邪」である ・マスク、三密、清潔もウイルスには無関係 ・要は免疫があるかないかである ・実は新型コロナも例年通り大量に日本に入ってきていた ・ウイルス干渉で今年のインフルエンザががくんと減ったのがその証拠、日本人の清潔好きとは無関係 ・ロックダウンがかえって劇症化させてしまった そして、「実は新型コロナのワクチン接種は危ない 」というのだ。. 経済と新型コロナ対策を天秤に掛ける論法はいい加減やめて欲しい。どちらも並列して最重要課題で、どちらも力を入れなければならないことです。インフルエンザの死亡者数と新型コロナのそれを比較して論じるのも大変ばかばかしいことです。むしろ、インフルエンザへの対応が今まで甘かったために死者が多かったのだと思うべきです。新型コロナで世の中は変わらざるを得ません。新型コロナを過小評価することで元の世界に戻ろうというのは愚の骨頂です。なぜこんな本が出たのか不思議です。先日、自費で抗体検査をしてみましたが、陰性でした。多分、日本人のほとんどは感染したことがありません。仮説として考えられるのは集団免疫ではなく、言ってみれば集団清潔なのではないかと思います。みんなが清潔にしているから、集団免疫と同様の理屈で新型コロナの感染が広まらないのです。こんな本で不潔な人物が増えると、集団清潔は壊れて犠牲者が増えることになるでしょう。 Free read Þ eBook, PDF or Kindle ePUB ´ 上久保靖彦・小川榮太郎

上久保靖彦・小川榮太郎 ´ 7 Summary

上久保靖彦・小川榮太郎 ´ 7 Summary 特定教授・久保靖彦氏だ。このままでは無責任なマスコミや専門家の根拠薄弱は脅しで経済が落ち込み、倒産、自殺者が激増しかねない。幅広い研究領域を持つ上久保氏は京都大学医学部で免疫学の単位認定者をしていたウイルスの専門家でもある。その上久保氏が日本と世界の感染状況を研究した結果、「集団免疫説が全てを説明できる。この説以外に、この状況を説明できる学説があるなら教えてほしい 」と語る。そして評論家の小川榮太郎氏のインタビューに答えた?. 今日届いて、さっそく読み始めています。拍子抜けするほどわかりやすく、コロナについて知っておかなきゃいけない「常識」を与えてくれる。安心した。腹が立った。自分が読んでおわり、じゃなくて、周りの人に広めてゆく本だと思う。