summary 心は孤独な狩人 108

characters 心は孤独な狩人

summary 心は孤独な狩人 108 Ò [Download] ➹ 心は孤独な狩人 Author Carson McCullers – Danpashley.co.uk 誰もが孤独の部屋の中から、報われない愛の行き先を探している。1930年代末、アメリカ南部の町のカフェに聾啞の男が現れた。大不況、経済格差、 誰もが孤独の部屋の中?れない――。フィッツジェラルドやサリンジャーと並ぶ愛読書として、村上春樹がとっておきにしていた古典的名作、新訳で復活. この本は昔文庫本で出たらしいのだが、アマゾンで結構な高値がついているのでいったいどんな小説なのだろうと長い間気になっていた。ところへ村上春樹の新訳が出るときいたので、得たりやおうと飛びついたわけ。んで、どんな小説なのかというと、時は欧州でヒトラーやムッソリーニが台頭する1930年代の後半であるが、舞台はアメリカ南部の小さな町である。そして例えば、作者自身を思わせる魂に音楽を孕んだ女性ミック、ホッパーのナイトホークスの生まれ変わりのような24時間営業の深夜バーの主人ブラノン、アナーキーな活動家ジェイク、黒人の伝道師のような医師コープランド、大天使ガブリエルのように英知に満ちた聾唖の男シンガー、などの個性的な人物が登場して、群像劇さながらの交通関係を繰り広げるのであるが、作者の主眼はもっぱら彼らの内面の孤独を描き尽くすことにある。しかしてその実体は、文字通り「心は孤独な旅人」という題名の通りの内容なので驚くのだが、もっと驚くのは、そんな微妙で難しい中身を完璧に操って、とうとうゴールまで飛行させるという抜群の創作力を保持する作者が、たった23歳!の女性だということで、これには仰天してしまう。本当に唯一無二の素晴らしい作家であり、翻訳者が告白しているように、じつに深く心を打たれる作品だ。  

Carson McCullers Æ 8 summary

誰もが孤独の部屋の中から、報われない愛の行き先を探している。年代末、アメリカ南部の町のカフェに聾啞の男が現れた。大不?.  コンテキストを理解しているとはとても思えない時代。10代後半に文庫本で読んだ「心は孤独な狩人」と「針のない時計」。今回、「心は孤独な狩人 The Heart Is A Lonely Hunter」(カーソン・マッカラーズ 新潮社)を村上春樹さんの新訳で読み終えました。年月を経たからと言って、その理解は覚束ず、その物語世界を無理やり現在の米国の状況に当てはめようとする自分がいることに少し嫌気がさします(笑) 舞台は、米国南部。メキシコ湾という描写によって、州はある程度限られてきますね。人々が足繁く通う町のカフェ。来る人を均等に見つめようとする店主のビフ。二人の聾者。貧しい家族。そして、貧しい家族。黒人医師。サボタージュを仕掛けるジェイク・ブラント。希望の象徴のように思える少女・ミック。 第二次世界大戦前の「富めるもの」が登場しない米国ローカルの物語。サイバー空間という別のクラウドを持ってしまった現在の米国と比べても「貧しきもの」たちの生活と現実は、実は今もこの小説の時代も何も変わっていないようにすら思えます。 搾取、人種差別、アルコール依存、銃社会、カール・マルクス、バプティスト、カソリック、ユダヤ教、ナチズムの台頭、そして世界はいつだって、邪悪と下劣さに満ちています。この小説を読んだ後、名もなき貧しきものたちは、常に「忍耐」こそが賢明な策だと考えていて、そのことは現在も変わらず、これからの未来もおそらく変わらないのだと思えたりもしました。システムは変わっても、忍耐は変わらない。反面、<ピルグリム>のような聾者・シンガーを見るにつけ、悪しきものに満ち満ちたこの世界の中、一瞬のよきもの、よきひとを信じようとする自分がいて、しかし、そのことすらも、この世の中ではもしかすると大いなる「まやかし」なのかもしれないという悪しき反復の環の中に入っていこうとする自分を見出したりもしました。 この小説に戻りましょう。特筆すべきは、第二部の終盤、コープランド医師とアジテイター・ジェイクの熱狂的な会話の応酬に始まり、一人の聾者・シンガーがもう一人の聾者・アントナプーロスを最後に訪ねる道行きを経て、この小説の終わりの終わりまで、その人物造形と文章の美しさ、優れた翻訳者による舞い踊るような表現のリズムを深く味わうことができたと思います。それは、この世界のほんの一部分のことなのかもしれませんが、この世のよきものなのだと感じられます。 「日曜日にその友だちと一緒にいるときにだけ、彼は心の平穏を得ることができた」という描写につられて、ある出来事を思い出しました。だいぶ前の話になりますが、私が仕事で米国に赴任して数日後、中西部のどこにでもあるショッピング・モールに必要なものを買い出しに行った時のことです。日曜日、昼の1150頃。今で言うフード・コートのようのところで、ホットドッグとビールを注文したところ、サーブしてくれた女性に、「ごめんなさい。日曜日の正午前に、ビールを売ることはできません」と告げられることになりました。ほんの10分前だというのに。人々が教会に行っている間にアルコールを売ることはできないという規則のようなものがその当時は残っていたのだなと思い出すことになりました。その些細な出来事は、勿論、私自身が要求したことを受け入れてもらえない悔しさ(笑)もありましたが、その瞬間何故か身が引き締まるような、毅然とした思いを抱かせられたような気がしたのも事実でした。それもまた、心のよきものなのでしょう。そして、それが私が思う最善の「米国」なのだと思います。

read ↠ eBook, ePUB or Kindle PDF Æ Carson McCullers

心は孤独な狩人??、経済格差、黒人差別。店に集う人々の苦しみを男は静かに聞き入れ、多感な少女を優しく包みこむ。だがその心は決して満た?. 村上春樹さんのファンなので、作者のことを何も知らないで、ただただ春樹さんが好きな作家なら読みたい!と購入しました。とても不思議な感覚と細かなリアリティのある描写が混在していて、新しい春樹ワールドのようでした。古さを感じさせない普遍的な人間が描かれた新鮮な小説です。