Review ´ 元経済ヤクザ×エコノミストが読み解く 「安倍以後」の日本 政治・経済から対中戦略まで大激変の裏と表 ´ eBook PDF or Kindle ePUB

Download ñ eBook, PDF or Kindle ePUB ¿ 渡邉哲也

元経済ヤクザ×エコノミストが読み解く 「安倍以後」の日本 政治・経済から対中戦略まで大激変の裏と表誕生菅新政権 アメリカと共同で中国に対するインド・太平洋の安定をリードしてきた安倍政権。 日本はその中心人物だった安倍晋三を失った。菅新政権が公約にしている「継承」は果たされるのか。ファーウェイ、TikTokを始めとしたアメリカが同盟国に求める、中国との経済、技術の分断、そして日本政財界に蠢く「親中派狩り」は果たされるのか――。 米中の緊張関係は高まる一方で、南シナ海や尖閣諸島を含む東シナ海など、列島周辺では流血の戦争リスクが現実になろうとしている。 昨年の対談で「今日の日本」を的中させた二人が「明日の日本」を解き明かす 新冷戦構造下の日米英国連邦による連合国と中国の対立は防衛安全保障と経済だけではなく金融、暗号資産、エネルギー、穀物へと広がりを見せているのが現在だ。 「安倍以後」に訪れる日本の政治、経済、安全保障のリアルを、石油取引と国際金融の世界に生きた元経済ヤクザとエコノミストが対談。昨年の前著で「今日の日本」を見事に的中させた二人が、「明日の日本」を解き明かす。. アメリカは、同盟国に対して中国との経済及び技術の分断を求めている。デカップリングである。他方、中国の状況は日本の大東亜戦争前夜を彷彿とさせる。日本のファイブアイズ(アングロサクソンの情報同盟)加盟さえ報じられるようになった。経済と安全保障は、一体である。ここで問題となるのは、日本に於ける政財界を中心とする「親中派」の存在である。所謂、リベラル勢力は昨今存在感が希薄となっている。これは、朝日新聞の凋落と軌を一にする。「アベロス」は、彼らが一番感じているのではないか。菅総理は、「反アベ」であった人物を補佐官にしたり、電話会談を中国の先に韓国としたり芸が細かい。結論を出すのは早いが、出だしは好調ではないだろうか。哲学を持った総理になって欲しいものだ。

渡邉哲也 ¿ 7 Read

誕生菅新政権 アメリカと共同で中国に対するインド・太平洋の安定をリードしてきた安倍政権。 日本はその中心人物だった安倍晋三を失った。菅新政権が公約にしている「継承」は果たされるのか。ファーウェイ、TikTokを始めとしたアメリカが同盟国に求める、中国との経済、技術の分断、そして日本政財界に蠢く「親中派狩り」は果たされるのか――。 米中の緊張関係は高まる一方で、南シナ海や尖閣諸島を含む東シナ海など、列島周辺では流血の戦争リスクが現実になろうとしている。 昨年の対談で「今日の日本」を的中させた二人が「明日の日本」を解き明かす 新冷戦構造下の日米英国連邦による連合国と中国の対立は防衛安全保障と経済だけではなく金融、暗号資産、エネルギー、穀物へと広がりを見せているのが現在だ。 「安倍以後」に訪れる日本の政治、経済、安全保障のリアルを、石油取引と国際金融の世界に生きた元経済ヤクザとエコノミストが対談。昨年の前著で「今日の日本」を見事に的中させた二人が、「明日の日本」を解き明かす。. 現在の日本、及び近未来の世界情勢が知識として吸収されます。現実的な内容、物言いはうわべだけの評論では無く、日本が今後どうすれば良いのかを的確に導いています。

Free read 元経済ヤクザ×エコノミストが読み解く 「安倍以後」の日本 政治・経済から対中戦略まで大激変の裏と表

Review ´ 元経済ヤクザ×エコノミストが読み解く 「安倍以後」の日本 政治・経済から対中戦略まで大激変の裏と表 ´ eBook, PDF or Kindle ePUB È ❰Dow誕生菅新政権 アメリカと共同で中国に対するインド・太平洋の安定をリードしてきた安倍政権。 日本はその中心人物だった安倍晋三を失った。菅新政権が公約にしている「継承」は果たされるのか。ファーウェイ、TikTokを始めとしたアメリカが同盟国に求める、中国との経済、技術の分断、そして日本政財界に蠢く「親中派狩り」は果たされるのか――。 米中の緊張関係は高まる一方で、南シナ海や尖閣諸島を含む東シナ海など、列島周辺では流血の戦争リスクが現実になろうとしている。 昨年の対談で「今日の日本」を的中させた二人が「明日の日本」を解き明かす 新冷戦構造下の日米英国連邦による連合国と中国の対立は防衛安全保障と経済だけではなく金融、暗号資産、エネルギー、穀物へと広がりを見せているのが現在だ。 「安倍以後」に訪れる日本の政治、経済、安全保障のリアルを、石油取引と国際金融の世界に生きた元経済ヤクザとエコノミストが対談。昨年の前著で「今日の日本」を見事に的中させた二人が、「明日の日本」を解き明かす。. 語弊があるかも知れませんが、全編通して濃密で面白かったです。第5章、30年前の日本そして中国の立ち位置から、中国は本当に必要だろうかという問いかけがとても印象深く、たしかにと合点のいくものでした。日本人はリスクを天秤にかけ決断をするのが苦手です。できれば先送りにしたいと考えるのでしょう。しかし、先送りを続けてきた結果が今であり、既にのっぴきならない状況。どうか多くの方に本書を読んでいただきたいと思います。