READ ß センス・オブ・ワンダー

FREE DOWNLOAD Ñ eBook, ePUB or Kindle PDF ê レイチェル・L. カーソン

センス・オブ・ワンダーPopular Books センス・オブ・ワンダー Author レイチェル・L カーソン There are. 岡山の田舎で生まれ育った私が東京に嫁ぎ、二児の母になりました。今は8歳と5歳の息子たち。 日々限られた自然の中に虫を探し、草花を摘み、空を見上げ、夕焼けがきれいだと子供達と一緒にはしゃぐ。私の大好きな時です。でもふと気がつくと、あれ?こんな事をしているママは私だけかなと寂しく、恥ずかしくなった事がありました。「変わった人」と思われているのかなと。でもこの本に出会い、「変わっている」かもしれないけど、間違いでは無いと思えました。レイチェル・カーソン、ありがとう!あなたの言葉は私の中で生き続けます。子供達の心の中の小道となりますようにと、あなたの言葉を借りて私も願います。 今日は満月でした。電気を消し、顔を月光に照らし「明るいね」と子供達と顔を見あっこして眠りました。これからも「変わったママ」でいきます。

レイチェル・L. カーソン ê 8 READ

??オブ・ワンダー Author レイチェル・L カーソン please download or read online here. 1965年に出版され、いまも世界中で読み継がれているレイチェル・カーソンのラストメッセージ。「地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力をたもちつづけることができるでしょう。鳥の渡り、潮の満ち干、春を待つ固い蕾のなかには、それ自体の美しさと同時に象徴的な美と神秘が隠されています。自然がくりかえすリフレインーーー夜の次に朝がきて、冬が去れば春になるという確かさーーーのなかには、かぎりなくわたしたちをいやしてくれるなにかがあるのです」カーソンが、死の間際に命を削って遺してくれた魂の言葉に救われる。

REVIEW センス・オブ・ワンダー

READ ß センス・オブ・ワンダー ↠ ❄ センス・オブ・ワンダー kindle Epub ❦ Author レイチェル・L. カーソン – Danpashley.co.uk Popular Books, センス・オブ・ワンダー Author レイチェル・L. カーソン There are many interesting things in this book, readers are very amazed by theMany interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book センス?. 正月にアンリンドバーグの「海からの贈物」を読んだが、それに続いた読書となった。本書は、レイチェルカーソンという高名な女性が、やはり海沿いに一時期住んで、そこの風物を想いを込めて書いた一冊である。訳者のあとがきによると、著者は既に癌で余命が無いことを分かりながら本書を書いたらしい。 著者は以下のように言っている。 「子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたらさまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です」 そうして、その情緒や感受性を育てるために、常にセンス・オブ・ワンダーの重要性を説き、その一つの例として、まだ赤ん坊であった著者の甥を連れて海辺の自然と触れ合ったことを描き出している。  考えてみると、「知識」と「知恵」に追いまくられているのが今の僕らかもしれない。とりわけ、知識=情報の量が飛躍的に増大する中で、それらを吸収し、その上で「知恵」まで要求されるという姿は誰の背中にも染みついている気がする。 そんな頭でっかちになりがちな僕らの足元はどうなのか。脚の筋肉はしっかりとついているのか。そう考えると覚束ない気もしないでもない。それに対して著者は「情緒」と「感受性」のこそが、脚の筋力だと言っている。僕にとっては、その言葉には反省させられるものが有った。 雨が降ってきたら敢えて一人で林や海辺を散歩してみる。そんな酔狂はとんとしなくなっている。思い出すのは子供の頃に夕立が来た際に、わざとずぶぬれで歩いたことだ。雨の強さ、香り、音を感じることは楽しかった。あれこそがセンス・オブ・ワンダーあったのだなと今気が付いたところだ。