review Ó ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) Û PDF DOC TXT or eBook

review í PDF, DOC, TXT or eBook ´ プラトン

Amazing EBook ソクラテスの弁明 光文社古典. なぜソクラテスプラトンが重要視されているのかわからない。確かに歴史的には重要かもしれない。しかし、非論理的なところも多く見受けられ、哲学の問題集以上に何も見いだせなかった。みるべき思想も見つからなかった。ただし、後世の哲学者はプラトンを前提としているから、それを多少知っていれば目新しいものはなく、考えが甘いようにさえ見えるのかもしれない。哲学を真面目に勉強する人には当然有用だろうけど。

Free read ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition)

ソクラテスの弁明 光文社古典新訳文庫 Japanese EditionIs the best favorite book with over readers online he. ソクラテスと言えば、学生時代に「無知の知」を唱えたことを習った程度で、実際にその哲学において、どんな主張をしていたのか、触れたことがなかったので、今回、本書を読んでみることとしました。本作品は、これまでにも何度も邦訳されたことがあるそうですが、本書では、初めて「ソクラテスの弁明」に接する者の理解を助けるため、次のように構成されています。・訳者まえがき――「ソクラテスの弁明」を読む前に・「ソクラテスの弁明」本文(プラトンの著作の邦訳)・解説・プラトン対話篇をよむために・年譜・訳者あとがき・重要人物および事項一覧さらに、本文中には、適宜、脚注が付けられ、本文の理解を助ける役割を果たしています。年譜によれば、ソクラテスは、紀元前469年生まれ。プラトンは、紀元前427年生まれで、両者の間には、42歳の開きがあります。両者は、紀元前415年、ソクラテス54歳、プラトン12歳の時に知り合ったとされています。紀元前399年、ソクラテス70歳、プラトン28歳の時、ソクラテスは不敬神の罪で告発され、裁判にかけられ、死刑判決が下り、ひと月後に刑死します。その後、プラトンにより、この裁判中でのソクラテスの弁明の様子を記したものが、本作品「ソクラテスの弁明」と呼ばれるものとなっています。本書によれば、ソクラテスは、著作を遺していないそうです。その教えは、すべて口頭で伝えられたとのこと。こうした教えの内容が、後に、本作品のように、弟子によって著作として書物として記載され、今日まで伝わっているそうです。ちなみに、プラトンの著作は、その弟子たちや研究者たちの手によって、すべてが現代にまで伝承されているとのことで、2000年以上も昔の著作を今日の私たちが読むことができるということは、見方によれば、かなり奇跡的なことではないかと思います。本書は、文章が平易であるとともに、それほど長いものでもなく、また、前記のとおり、「ソクラテスの弁明」を理解するための工夫が随所に施されているので、ギリシア哲学初心者でも、安心して読める作品となっていると感じました。

プラトン ´ 4 review

review Ó ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) Û PDF, DOC, TXT or eBook Ú [EPUB] ✼ ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫) (Japanese Edition) Author プラトン – Danpashley.co.uk Amazing E Book, ソ新訳文庫 Japanese Edition Author プラトン This. 解説が非常に充実しています。解説はもちろんすべての答えを語ってくれるわけではありませんが、自分の考えを広げるきっかけに富んでいて興味深かったです。