NIHONJINGAKYUUJUUKYUUPAASENTOSHIRANAISENGOSENNOUSHI (Japanese Edition) Read ↠ 108

Free download NIHONJINGAKYUUJUUKYUUPAASENTOSHIRANAISENGOSENNOUSHI (Japanese Edition)

NIHONJINGAKYUUJUUKYUUPAASENTOSHIRANAISENGOSENNOUSHI (Japanese Edition) Read ↠ 108 Á ☆ NIHONJINGAKYUUJUUKYUUPAASENTOSHIRANAISENGOSENNOUSHI (Japanese Edition) PDF / Epub ✩ Author 苫米地英人 – Danpashley.co.uk 2014499%2014499% 2014499% %% %.. 今でも日本は敗戦国として扱われ、ウォール街にあの手この手で牛耳られているという主張と論理には、説得力があると思います。日本の問題点をこのような視点で考えたことがなかったので、目からウロコでした。

苫米地英人 ñ 8 Read

%. 良かったです!

Free read ì eBook, ePUB or Kindle PDF ñ 苫米地英人

NIHONJINGAKYUUJUUKYUUPAASENTOSHIRANAISENGOSENNOUSHI Japanese Edition%. 苫米地英人氏の「明治維新という名の洗脳」によると、萩藩(俗称・長州藩)が幕府を欺き二重帳簿(現代の特別会計=政治家・官僚の打ち出の小づち)をつくり、その後欧州(イギリス・ロスチャイルド)の後押しで明治維新という革命を起こした。日清、日露、続く太平洋戦争のかたわら、アジアから金をはじめとする貴金属を、ならず者を使い回収。これにより天皇は世界一のお金持ち、三井、三菱等は巨大企業に成長。その後敗戦により、財閥解体などといいながら財閥は温存、当然僚組織も温存、おまけに長州閥支配の体制は変わらず、信念、哲学、教養、知性にほど遠い三代目が総理大臣を務めている。真の独立をせず、米国のいいなりの属国である日本。しかし著者は言う「日本国民の真の敵は誰か?」彼は「対米従属はアメリカが押し付けたものではない」「対米従属を利用してきたのはアメリカだけではなく、日本でもあったということだ」「日本の権力者達が時にはGHに、時にはウォール街に、あるいはアメリカ政府にと、自分の都合に合わせてすり寄った結果が対米従属だ」著者は言う「アメリカ側は国益のため、自らの利益のために近づいてくる日本人を利用したのに過ぎない」 日本国民の真の敵は、自分の利益のためにアメリカを使う、日本の権力者たちなのである。 私たちのために、これから彼らと戦っていかなければならない。私たちの手で、日本を取り戻そう、、、、、、と著者は述べている。国会中継をみながら考えてしまう。役人の作成した文章を、中身を理解することなく読むリーダー(reader)はいるが、真のリーダー(leader不在の現在の日本。読む人(readerどころか、小学生が習う漢字も読めないリーダーが日本のNO1、NO2を占めている異常さ。戦後洗史とあるが、明治維新という薩長、特に長州閥の支配がいまだ続き、日本をゆがめているということにつきる