反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと (Japanese Edition) characters ´ 7

review 反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと (Japanese Edition)

反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと (Japanese Edition) characters ´ 7 ☆ [PDF] ✈ 反省記―― ビル・ゲイツとともに成功??、ビジネスの“地獄”で学んだこと Japanese Edition Author 西 和?.  昔、昔、その昔、と言っても今から30年ほど前、アスキーの西和彦と言えば、飛ぶ鳥落とす勢いだった。今巨大企業になっているソフトバンクの孫正義ですらかすむほどだった。何せあのマイクロソフトのビル・ゲイツと刎頸の友で、そのマイクロソフトの副社長までつとめた男である。NECのPC8001の誕生や、パソコン世界の標準OSとなるMS DOSの開発にも深く関わった男である。ノートパソコンを最初に「プロデュース」したのも西であるし、マウスを世界で最初に日本の企業に作らせたのも西だ。当然これからの日本のパソコン界を引っ張って行く男だと思われていた。その西和彦がマイクロソフトを追われ、アスキー社長の座からも追われ、パソコン世界の表舞台から姿を消して久しい。 一体何があったのか、20年の歳月を経て、本人がその事情を赤裸々に語る。あふれんばかりの才能に恵まれた男がなぜ失敗したかが、自らの口で語られる。面白い、実に面白い。ビル・ゲイツとの決別の場面などは、まるでドラマを見るかのように臨場感あふれる。 本書は西和彦の懺悔?の書である。数々の辛酸をなめることによって、この男は一皮も二皮もむけて再び現世?へ帰って来た。けんかっ早い性格は直っていないようだが、それを上手にコントロールする術は身につけたようだ。ビル・ゲイツから、「これまでに会った誰よりも僕に似ている。ただ、彼は極端すぎた」と言われ、スティーブ・ジョブズに二度もスカウトされたというこの男を、日本社会の発展のために使わない手はない。日本のITの未来は、この男の才能をいかにうまく使えるかにかかっている(偉そうなこと言ってスマン)。

characters Ð eBook, PDF or Kindle ePUB ✓ 西 和彦

Amazing PDF 反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕?. 450ページもある分厚い本ですが、あっという間に読み終えました。いま、2回目を読んでいます。西さんが20代前半、1978年、ビルゲイツに合い、意気投合、のちにマイクロソフトの販売代理店になる。Windows98が世に出る20年前の事だった。後に西さんは、マイクロソフトのボードメンバーになった。当日の取締役会は3人だった。つまり、西さんはビルゲイツ、ポールアレンに次ぐメンバーだったのだ、マイクロソフトが上場するとき、ビルゲイツから、代理店では無くマイクロソフトの経営幹部になれと提案された、未上場株を渡す提案を何回か受けるが、西さんは、それを断り、ビルゲイツと決別する。西さんが、マイクロソフトに行っていたら、資産数千億円のミリオネアななっていたのだ、なんともったいない話だ。世界のパソコンの黎明期に多大な貢献をされた偉大な方の反省記、サクセスあり、失敗あり、ぜひ、みんなに読んで頂きたい一冊です。西和彦教授ありがとうございました。

西 和彦 ✓ 7 free read

反省記―― ビル・ゲイツとともに成功をつかんだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと Japanese Edition?? The way the author shows is genius and it really helps me connect with the story.  失敗学に興味があり、タイトルのみを見て、購入してしまいました。著者は、頑固ですね。 出版社は、「反省記」を書いてもらうつもりで、「ハンセイキ」の執筆を依頼し、著者はそれを了承した。しかし、上梓されたのは、タイトルは「反省記」ですが、内容は、「半生記」でした。失敗の経験を疑似体験できる記述は、残念ながら、見出せませんでした。