Read ↠ ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作 (Japanese Edition) 100

characters ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作 (Japanese Edition)

Read ↠ ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作 (Japanese Edition) 100 ´ [Download] ➶ ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年7TBS. ■所感非常に重いテーマだと感じました。虚脱感を得るほどの衝撃を受けました。同時に、あらゆる責任を誤って捉えてはならない、その戒めを訴えているように思いました。■内容航空会社の業績改善に対して国と民間銀行が衝突し、牧野頭取の自殺と過去の不自然な巨額融資が不正を臭わせ、やはりただ事ではない融資にバンカーが立ち向かいます。今回の対立構図です。国交大臣&政界重鎮&法の寵児(常務もグル) vs 民間銀行営業次長半沢次長ですが、例え何方が相手でも、ただただCoooooolに切り捨てていき、真実を追求していきます。■意図、情感(※ネタバレ注意)これまで、死と責任は隣り合わせだと感じていました。本書の場合、不正(おそらく数千人の従業員が路頭に迷うor出向する程)を明らかにするか、自身の死で回避するかというケースで、重すぎる天秤だと、ずっとそう考えながら読み続けていました。しかし、中野渡頭取の覚悟と涙が、その天秤に乗せること自体が間違いだったと気づかされます。厳しい未来が待ち受けていても、また家族や仲間を悲しませない為にも、命を天秤に乗せるようなことがあってはなりません。至当と感じていても、深く再認識させられます。本書に出会えてよかったと、心から感じます。有難う御座います。■PS黒崎「あそこならファンドもあるし、帝国航空を助けられるかも知れない。~ まぁ、せいぜい頑張って頂戴」渡真利「マジかよ」 渡真利が目を丸くした。嗚呼、半沢さんの回想 (記者会見)→ 渡真利の感嘆(飲み屋)って流れか。ここ1行空けないだけで、記者会見に渡真利がワープしてきたように感じてしまったのは、私だけだろうか。というか、あの黒崎がデレた。こっちが目を丸くしたわ。

Free read ☆ PDF, DOC, TXT or eBook í 池井戸 潤

TBS. 単行本でも読んでいましたが、『花咲舞が黙っていない』を読んだらまた読みたくなってKindle 版を購入してしまいました。やっぱりおもしろい。『花咲舞・・・』のゆるゆるした感じも好きですが、半沢直樹の各方面との丁々発止と、ギリギリの展開に最後まで目を離せません。ただ、難を言うなら、本作はあまりにJAL再生とかぶっていて、登場人物もこれは○○か?などと邪推してしまって集中がとぎれてしまうのがちょっと残念。そして池井戸さんの書く銀行の世界は恐ろしすぎて、若い人に読ませたら銀行に就職しようという志望者が少なくなってしまうのではないかと心配です笑)。

池井戸 潤 í 0 characters

ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作 Japanese EditionTB. 谷川の奮闘シーンがあまりなく、物語途中の逆転シーンに説得力がなかった。また、行内の秘密の切れ者みたいな人がいきなり出てくるのはいただけなかった。もう少し、主人公の知恵で勝利を勝ち取ってほしかったので、小説としては掘り下げが不十分だと思います。政治に関わる内容になってしまっているので、主人公の他力本願が今回目立つので、案件がでかすぎるのが原因かと。小説としての深みが足りないと感じました。登場人物たちのセリフも淡々としていて、なんだろう、こう感情的な表現が少ないように見えました。3巻のロスジェネもそうだけど、TVは感情表現など、だいぶオリジナル入ってますね。それも含めて、今回も、半沢の家族、プライベートシーンは皆無でした。なので、半沢の信念は理解できますが、半沢に共感できる部分がなく、最後もあっさり終わる。面白いのは面白いです。でも余韻が少なく、内容をすぐに忘れてしまいそうです。自分には内容が薄かった。