ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 characters ä 104

review ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 characters ä 104 Ó [KINDLE] ❅ ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 Author 小林よしのり – Danpashley.co.uk 7月20日現在、新型コロナウイルスによる感染症の死者は世界で60万人に達している。もっとも大きなパンデ厚生労働省クラスター対策班のメンバーで「割おじさん」の異名を持つ北海道大の西浦博教授は「このまま何も対策をとらなければ万人が死亡する」との試算を発表。この、当初は公式見解ではなかった「個人的な意見」から導き出された数字に、社会は翻弄されることになる。 この間、テレビ朝日系列『羽鳥慎一モーニングショー』に出演するコメンテーターの玉川徹テレビ朝日報道局員や岡田晴恵白鴎大学教授は、時に、誤った情報も垂れ流すなどしてコロナの恐怖を煽るだけ煽った。 「今のニューヨークは週間後の東京です。地獄になります」 月日放送の『モーニングショー』で岡田はこう言い切っている。しかし、周知のとおり東京はニューヨークにはならなかった。 今になって、緊急事態宣言に伴う休業要請には大して効果がなかったという意見が出始めた。海外でも、外出禁止と感染抑制に相関はない、都市のロックダウンは意味がなかったとする研究結果が多数出てきている。 結果、日本では月期だけで兆円のカネが吹き飛んでしまった。コロナで休業を余儀なくされた老舗?. まず、こういうセンシティブな事象でゴーマンかましてはダメですって。ちなみに私はテレビやラジオ等々、まったく視聴しない人間ですので、仰有る煽り情報にはあまり毒されていないほうかと思います。一番気になったのは、本来出るはずだった死者数を、日本は「国民性」や「医療システム」や「医療危機の技術力」などの総合力で抑え込んでいると断言している箇所。死者数の多い国々にはそれらがないということでしょうか。いや、生活様式例えばマスクの装着習慣やうがい習慣の有無などの違いなどについては、日本の優位性が認められるかもしれませんが、感染者数、重症者数ともに前回を明らかに上回る勢いで襲ってきている第二波の前には、その日本万歳論には無理があるのではないでしょうか。第三波が万一到来するとすれば、弱毒化しているのか強毒化しているのか、小林氏は予測できるのでしょうか。どうして中国発祥なのに、ヨーロッパであれほど猛威を振るったのか、そして何歩も遅れてアジアで流行り始めたのかその理由さえ暗中模索というのが現状なのではないのでしょうか。挙げ句に「日本人の誇りはどこへ行った?!」と捲し立てる。思わず眉をひそめてしまいました。大本営でしょうか。小林氏は、集団免疫を獲得すべく緩和政策をとってきたスウェーデンを肯定していますが、それを鵜呑みにするかたは、コロナに関するスウェーデンの情報をぜひご自分の手でお調べください。スウェーデンの政策は失敗と私には思えるのですが。。。そもそも感染による集団免疫獲得は可能なのか?ただし、小林氏の、経済を回さなければ甚大な被害が出るという意見は至極真っ当と思います。しかし、そこは何も小林氏に限らず政府も同じでしょう。新型コロナの抑え込みと経済の活性化とのバランスを取るために試行錯誤して四苦八苦しているように見えます政府のみならず都道府県も。我々国民もバカではない。どちらか片方だけでは万全ではないということだけは、少しずつ判り始めた段階ではないでしょうか。とは言え、小林氏の新コロナの驚異を軽視する姿勢には辟易します。皆様、氏の「自然免疫」「交差免疫」「獲得免疫」のくだりは、よくよく注意して読まれてください。彼は医療関係者でも研究者でもない。世に数多に出回っている説のひとつとして捉えるのが最良かと思います。経済活性化と感染抑制、ふたつのまったく異なる政策を同時に発動させなければならないとき、そこには必ず大いなる矛盾が立ちはだかるのは言うまでもないことです。その目立つ発露がGo Toということなのだろうと思います。 結局、関連する政策にしても、本書のような、様々な影響力のある方々の意見にしても、それを精査し、選び取るのは我々国民ひとりひとりではないでしょうか。そうしながら、この混乱した社会に灯りをどう点していくか、今が正念場であることは間違いないでしょう。政府の、そして都道府県の権限をどうするのか、それによって損失を免れない国民への補償はどうするのか、今やるべきことは政府が、政治家がこれらの問題をしっか

小林よしのり ´ 4 characters

?んかつ屋の店主が将来を悲観して焼身自殺したことも大きく報じられた。聖火ランナーに選ばれていた彼は、年の東京を走ることを楽しみにしていたという。今回のコロナ禍で『ベスト』が話題となったフランスの作家で哲学者のアルベール・カミュも、ソ連の作家・歴史家のアレクサンドル・ソルジェニーツィンも、「労働」のなかに単なる「苦役」を超える価値を見い出している。長年、客の笑顔に支えられ、額に汗して働いてきた店主の気持ちを思うといたたまれないが、今後、今以上に「コロナ倒産」が続出するのは火を見るよりも明らかだろう。 生命至上主義か それとも、経世済民世を経おさめ民を済すくうのか 政治家、専門家、そして、メディアによって作り上げられた“インフォデミックが、この国を分断に導いた。コロナによって、グローバリズムが終焉を迎えようとしている今、我われ日本人の価値観が改めて問われている。 これまで国論を二分するような数々の問題作を発表してきた漫画家・小林よしのり氏が論考する、渾身の描き下ろしページを含むページの決定版?. とりあえずどの様な感想を持とうがいいので一人でも多くの方に見て頂きたい本です(反射的に批判する方が多そうですが)別に筆者の意見や見解だけが書かれている訳ではなく客観的なデータや他の人物の意見なども載っていて非常に勉強になりました。自分個人としては筆者の見解には多くが賛同できコロナに対する価値観が変わりました。

Summary Ö PDF, DOC, TXT or eBook ´ 小林よしのり

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論月日現在、新型コロナウイルスによる感染症の死者は世界で万人に達している。もっとも大きなパンデミックを引き起こしている米国では万人が犠牲となり、万人の死者を出したブラジルや、同じく万人のインドでも、ウイルスの猛威は一向に収まる気配がない。 一方、月に入って以降、「第波」の予兆が危ぶまれている日本では、人の犠牲者を出したダイヤモンド・プリンセス号を含めて死者数は総計人弱にとどまっている。 厚生労働省のホームページによると、日本における季節性インフルエンザの「直接死」は毎年人前後。死因が特定されなかった肺炎などをカウントに入れる「間接死」も含めると、毎年万人と推定されている。 インフルエンザで毎年万人もの人が死んでいるのに、なぜ、日本人は新型コロナウイルスに対して、これほどまでに恐怖心を抱くようになったのか   月日、日本政府は“コロナ・パニックに陥った世論に突き動かされた格好で「緊急事態宣言」を発出。安倍総理は根拠も覚束ない数字まで掲げて「最低割、極力割」人との接触を減らすよう国民に要請した。. なるほどなぁ、すごくわかりやすくて勉強になりました。ゴーマニズム宣言は久しぶりに読みましたが、大変な仕事をされて難儀したと思います。お疲れさまでした。内容についてはくだくだしく解説はしません。なにかとんでもない戯言を吐いているだけのような印象を与えるレビューがたくさんつくかと思うが、徹頭徹尾データおよび客観的事実に基づいて書いているらしいというのは読めばわかる。それから、ここぞとばかり長々と自説を講ずる人もいるようだが、匿名の人間のご高説にあまり価値はない。自分に作者をたしなめる資格があると勘違いしないこと。知性はロゴス、つまり火である。火を扱うのは勇気がいる。たいていの人は火が恐くて逃げるだけなので、この本も感情的な反発は多いと思う。が、たとえ本の内容や作者の主張が気に入らなくても、これだけの手間、労力、たくさんの人の熱意、そしてリスクを背負ったものに対し、最低評価をつけるのは倫理に反するということだけは、はっきり書いておきたい。小林さん、出版に関わった方々、とにかくお疲れさまでした。